Sunday, 4 July 2010

【Clipping】The Japan Times Thursday, July 1, 2010

"UCLA Anderson dean extols global viewpoint"
という記事があったのですが、非常に示唆に富んでました。
まぁ詳しくはこちらから→http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20100701f3.html

今後グローバス化が進む中でガラパゴス化した日本人であり続けることには無理がありますが、
どうやってそこをクリアしていくか?というのが一つの大きな問題。

"Business opportunities today are inherently global, so traveling to get an MBA in a foreign environment is an advantage."

その一つの方法がまぁ留学に言ってしまうことというわけで、
"In the workplace today, you are likely to have a mixture of people from all over. So to be a leader, you need to know how to function in that environment,"
グルーバル社会の中でリーダーとなるために、今の社会環境を知る上で非常に有意義だとUCLAの校長は述べているわけです。
"If younger generations key in only on their domestic market, they will miss the threat surely to come from outside."
まぁ国にとどまり続けることは、未来のリスクを鑑みた時、非常に危険であると。

ちょっとUCLAに興味を惹かれる記事です。

Seja o primeiro a comentar

Post a Comment

Analysis

Blog Archive

Counter

Followers

  ©Life is like a box of chocolates. Template by Dicas Blogger.

TOPO