Saturday, 7 August 2010

【Review】【Book】ドラッカー流 最強の勉強法

前提として、この勉強法を考え背景にはドラッカーが提唱した知識社会(knowledge society)という考え方がある。この知識社会においては、知識が最も重要な生産手段となる。ゆえに勉強を継続することが生産手段を確保し続けるための手段になるとも言える。
筆者は勉強を2つの種類に分けて考えている。一つは短距離型の勉強。もう一つが長距離型の勉強。
前者を端的に表した例として資格試験や受験勉強が挙げられる。勉強の本質そのものよりは、どちらかと言えば「試験に受かるための勉強」という色が濃くなるのが前者である。勉強のきっかけを得るという意味では、短距離勉強を評価することができる。
しかしながら、「受かること」が優先された勉強では試験に合格した時点、もしくは試験が終わった時点から知識の劣化が著しく始まる。加えて、知識は可変で今の時代においては非常に速いスピードで陳腐化していく。よって長距離型の勉強が重要となってくる。
前提に戻るが、現在の社会では知識が最も重要な生産手段である。ゆえに、継続的に知識を吸収し獲得しなければならない。 
筆者が提唱する勉強法として3年3ヶ月勉強がある。向こう3ヶ月の勉強テーマを設定し計画に基づいて勉強するとともに、3年計画の勉強も計画し同時平行で勉強を行う。これによって、一つのテーマに関して専門性を深めるとともに、様々な分野の勉強を行い自身の視野を広げることができる。 
勉強のテーマを設定する際に留意しなければならないポイントが3つある。「強み」、「機会」、「価値観」の3点である。
「強み」とは自身の強みを鑑み、それを活かし他者との比較優位を形成できるようテーマであること。
「機会」とは「すでに起こった未来」、「新しい現実」を見つめ今後の未来を予想し、その時に重要となってくるテーマであること。
そして「価値観」とは自身の持つ価値観と一致したテーマであることである。この3つのポイントが重なり合うテーマが勉強のテーマとして最適であると筆者は述べている。 
また、勉強を進めていく上で目標を管理することが重要となる。そのための手段として目標を成文化するとともに、必ず機会を設けてフィードバックを必ず行うことが挙げられる。
そして、SMARTな行動計画を立て(特にデッドラインを決めること)、時にはインセンティブを持たせて自身のやる気を継続させることが必要となる。達成感を「見える化」することもモチベーション維持の観点で良いと言える。
勉強が継続できないのは目標や成果物(アウトプット)が明確化できていないことに起因することが多い。学習の行動計画にはアウトプットの具体的内容、期限、達成のベンチマーク、インセンティブを盛込み、管理する必要がある。 
以上の点に加えて、日々の時間管理を行い分析することで自身にとってのホットタイム(作業効率のよい時間)とバッドタイム(作業効率の悪い時間)を明らかにすれば、より効率的に仕事や勉強を進めることができるようになる。
結論としては、何事にもSMARTな計画が重要であり、そこに対するフィードバックと分析を重ねてより良い勉強習慣を作っていくことが重要であるということが言える。

1 Comentário:

yutakarlson said...

慶應義塾大学、Twitterで未来の暮らしを描き出す社会実験開始―未来は予測すべきものでもないし、予測できるものでもない?

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/bPKR
こんにちは。Twitterによる、未来の暮らしを描き出す社会実験、うまくいくでしょうか?私は、いくつか条件があると思います。その中で、もっとも重要なのは、あくまで、実験する側の知覚能力です。いずれにせよ、こうしたことはツイートする側が無意識であれば、あるほど良いと思います。ツイートする側が、変に意識して、自分の未来予測を披瀝するような姿勢では成功しないでしょう。私のブログでは、ドラッカー氏の未来予測こ関することばを掲載し、その意味あいを解説させていただき、それをもとにして、この実験の成否について論じてみました。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

Post a Comment

Analysis

Blog Archive

Counter

Followers

  ©Life is like a box of chocolates. Template by Dicas Blogger.

TOPO