Friday, 5 November 2010

【Clipping】東洋経済 2010年11月6日号より

このタイムリーな時期にこの特集かぁ。。。という感じでしょうかw

「世界vs.中国」特集(笑)

この特集の中で、中国でのtwitterの在り方について言及している人がいました。
中国ではtwitterは国のファイアウォールで「基本的」には見れないらしいですが、
知的層などはソフトウェア等を駆使してtwitterにアクセスして意見を自由に述べているそうです。

中国政府もtwitterはいくらなんでも禁止は勿論、何かしらの措置を取ることはできないので、
完全に放置されているとか。
なので、そこで論議されている内容は中国政府にとってはかなり過激的なものも含まれる可能性が高い。

これはかなり興味深いなと思います。
以前もtwitterから見えない国家事情が外部からでも分かるという事例があったと思うし、
ちょっと種類が違うけど、今日の尖閣諸島問題の映像流出もtwitterやYoutubeがとても大きな影響力を持っていることを改めて感じさせる事例だったし。。。

twitterで情報は世界に広く伝播していくし、
Youtubeで動画というインパクトのある情報が拡がっていく。

本当にそういう時代なんだなと改めて感じる1日でした。

ていうかこの動画

どっから漏れたんでしょうね。
実行者はかなり絞られると思いますが、
政治的に意図的にやったのであれば、かなり高度な戦術のような気もしてます。
てかそんな手法を使う日本て生まれてこの方見たことがないような・・・・。

いずれにせよ、このニュースから目が離せないなと。

・・・ちょっと東洋経済の特集から話は逸れてしまいましたが、
この辺で。

Seja o primeiro a comentar

Post a Comment

Analysis

Blog Archive

Counter

Followers

  ©Life is like a box of chocolates. Template by Dicas Blogger.

TOPO